FC2ブログ



5/13投入の能勢80系統・韮崎の1回目のビン交換を行った。
これらは、以前の久留米に引き続きkailuaさんから譲っていただいた個体である。
これらも前回の能勢同様、9週間での交換となる。
結果は韮崎はほぼ予想通り、能勢もまずまずの結果となった。

韮崎→オス20.3g・20.8g
   →メス10.0g・10.6g・12.3g

能勢→オス22.1g・23.5g
   →メス13.9g・13.9g

感想はと言うと、オス・メスがバランス良く分かれてくれたのが嬉しい!
kailuaさん、ありがとう!!

オスはいずれも20g前半であるが、9週間での交換になるのでまぁこんなものか?
メスはやはり成長が早いようで、能勢はいずれも13g後半、韮崎も全て10gを超えてきた。
今後は暴れに細心の注意を払い、次の交換では韮崎は25gオーバー・能勢は30gに出来るだけ近づけて、夢を見させてほしいものである。

2009.07.19 目標設定!

今年のブリード数は約150頭になる模様。
これだけの多頭数、ただ漠然と飼育するのもどうか?と思い目標を設定した。

①オス80ミリup5頭
②メス50ミリup20頭
③オス最大81ミリup
④メス最大53ミリup

今年はかなりの投資をして、大型血統の幼虫を購入した。
上級者の方であれば、まず問題無いレベルかもしれないが、私にとってはかなり高い目標設定である。
ただ、目標を設定することでモチベーションも上がり、今まで以上に色んな意味で『どん欲』になれると思うので、良い意味でプラスになるのではと考えている。
恥ずかしい結果にだけはならないように、より一層精進していきたい。

先程、予約していた大型血統の幼虫(久留米産)の残り10頭が到着!
種親は全て♂82ミリup・♀52ミリupと超がつく大型血統である。
下準備はOK!いつでも菌糸ビンに投入できる!
今年、久留米オスは2頭羽化して79.6ミリと78.0ミリだったので、来年は是非とも80ミリとは言わず、81ミリを出してみたい。
血統背景からは充分可能な数字なので、後は私の腕次第・・、それが一番の不安要素かも・・(^^;)

2009.07.17 暴れ

やってしまった・・。
7/13に交換したばかりの久留米メスの瓶がおかしい!?
なんと!暴れている!!
即交換を実施するも、13.3g→11.2gに激減(++)
瓶交換の後、オスの瓶には細心の注意を払い毎日観察を続けておったが、まさかメスが暴れるとは・・。
メスは大丈夫だろう・・、という安易な考えが甘かった。
完全な管理ミスである。
期待のメスだったのでショックが大きい。
多頭数の飼育をするわけだから、何頭かはこのような事態になることは予想はしておったが、まさか1発目からとは・・。
ただ、気落ちしてばかりはいられないので、今後は今以上に気を引き締めて、瓶の状態を注意深く見守っていきたい。

2009.07.16 飼育頭数

当初の予定より少し遅くなったが、明日最後の割り出しを行う。
残り3セット、いったい何頭出てくるのだろうか・・。
現在、菌糸瓶に投入済みが114頭、プリンカップで保管中が15頭の計129頭を確保している。
当初は150頭飼育の予定だったが、200頭近くになるかもしれない・・(^^;)
まさかこれほど採れるとは・・、全くもって想定外である。
菌糸瓶代が予定より大幅に掛かりそうだが、虫たちに罪は無いので、他の幼虫同様大事に育てていこうと思う。

今日はお世話になっているブリーダー様から購入の大型血統幼虫が届いた。
全部は紹介できないので一部。

久留米♂84・1×♀52.7(アウトライン)
久留米♂82.5×♀53.2(アウトライン)
久留米♂81.9×♀51.8(インライン)

いずれも素晴らしい血統である。
♂84.1、♂81.9、♀53.2、♀51.8は同腹。
♂82.5、♀52.7は同腹

♂84.1からの幼虫は、かなり無理を言って購入させていただいた(^^;)
これらの個体は、いずれもマツノインセクト様84.3ミリの血を受け継いでいる。
これだけの大型血統だけに、親超えは無理でも,少し欲張って81ミリup出ないだろうか・・、いや出て欲しい。

2009.07.14 能勢YG血統





昨日に引き続き、5本の菌糸瓶交換を行った。
能勢YG血統 83.1×53.6→2頭、81.5×51.5→3頭の計5頭。
言わずと知れた現ギネス系統である。
周知の方も多いと思うが、種元のyasukong様のところでは、今年2頭の85ミリオーバーが出ている超大型血統群である。
5月初旬に菌糸瓶に投入、9週間での交換。
結果は・・。

81.5×51.5はオス1頭メス2頭で、オス18.7g、メス13.4g・12.8g。
83.1×53.6はオス1頭メス1頭で、オス24.8g、メス14.0g。

9週間でこの大きさですから、さすがの一言!!
私程度の腕でこれだけの個体が出てくる訳だから、yasukong様の85ミリオーバー2頭は当然の結果なのだろう。
ともかく、昨日に引き続き良い結果が得られたので、また来年が楽しみになった。

2009.07.13 瓶交換



本日、今年初の瓶交換(久留米産)を行った。
こちらの個体は、私のブログにも度々登場していただいている、kailuaさんから譲っていただいた幼虫で、4月22日投入分、喰いあがりの早い2本を掘り出した。
結果はオス21.4グラムにメス13.3グラム。
オスはまずまず、メスは上出来である(^^)
オス幼虫は結構長さがあるので、2本目の伸び如何では来年(80ミリ)が楽しみである。
メスに関しては、既に13グラムを超えているので、今後飼育ミスさえしなければ恐らく50ミリは超えてきそうだ。
何はともあれ、最初の交換でまずまずの結果を得られたことで、今後の瓶交換が楽しみになった。

2009.07.12 産卵後のメス

一部メスを産卵セットがら取り出して、間もなく一か月になる。
健康チェック?の為、そのうち一頭の体重を測定した。
産卵セット投入前は6.9グラムあったが1.0グラム減の5.9グラムまで減少していた。
約15%の体重減、人間ならば激ヤセである。
このことからも、産卵の大変さがうかがえる(単なる産ませすぎ?)。
産卵セットから取り出してからは、高タンパクゼリーを与えているが、もの凄いペースでゼリーを平らげている。
来年は能勢の採卵が主になるので、採りすぎで更に大幅な体重減にならないか、ちょっと心配である。

2009.07.11 ドラクエ

ご存じの方も多いと思うが、本日ドラゴンクエストⅨが発売される。
このことについては昨日、あのメルリン様もHPで触れておられた。
ドラクエファンの私は、いつもなら喜び勇んで購入するのだが、今回に限っては少し勝手が違う。
理由は2つあり、1つはクワの買いすぎ?による資金不足(無理して買えないことは無いが)、もう1つはクワ飼育への影響である。
恐らく一たびプレイしてしまうと熱中しすぎて、クワ飼育がおろそかになりかねない。
まだ割り出しの終わっていないセットもあり、一部の瓶交換も控えている。
ここで躓くと、後々後悔することは目に見えているので、購入は先延ばしにして、今はクワ飼育に専念したい。