FC2ブログ
2009.08.31 明暗



帰宅してテレビのチャンネルを回すと、どこを見ても選挙速報のオンパレード!!
退屈で仕方が無いので、明日交換を予定していた瓶を6本交換。
選挙同様、明暗が分かれた。

これらはいずれも6月末~7月上旬に投入した。
うち4本は以前こちらでも紹介した劣化の酷い瓶である。
実は劣化の酷い瓶は、その後も順次交換を実施しておったので、2本目への投入は今日で最後になる。
結果は以下の通りとなった。

オス(劣化ボトル):13.8g、12.9g
メス(劣化ボトル):8.2g、7.7g
メス(良品)   :13.0g、12.8g

劣化ボトルのオスの体重はメス並み、メスも二桁に程遠い・・。
対して、良品の方は順調に生育している。
劣化ボトルに関しては、まさに自民党顔負けの大惨敗となった(TT)

スポンサーサイト



最近能勢の勢いに圧倒され、何かと影の薄い感のある川西。
そう思っているのは私だけだろうか?
我が家でも2ライン計40頭程度を飼育中。

個人のHPで能勢や久留米の80ミリupは良く目にするのだが、川西はあまり見たことがない。
ただ単にポテンシャルが前述の二産地より劣っているのか?
大きな幼虫が出ても蛹化しなかったり、はたまた成虫になっても羽化不全だった・・といった記事を良く目にする。

全ての個体に当てはまる訳ではないが、川西には『美系』という素晴らしい武器があるので、美系の80ミリupを是非出してみたい。
ウーン・・、私のウデではまだまだ難しいかな(^_^;)

来週早々から本格的に瓶交換の開始となるが、ここでまた誤算が・・。
800・1400のボトルを約40本購入したが、800のボトルの菌糸の回りがどうにも良くない。
到着から4日が経って、瓶の周りは徐々に白く(斑模様)なってはきておるものの、見た感じはまだ不十分。
すぐに全部は使えそうにないので、何本かは瓶の状況を見て交換を先延ばしにするしかなさそうだ・・。


やはり既製品のボトル発注となると、このような問題が付きまとう。
計画をきっちり立て自分の手で詰めれば、このような問題はまず起きない。
改めて、手詰めの重要さを思い知らされた。
早くお金を貯めて詰め詰めアイテムを購入せねば^^;

2009.08.28 月末

月末も近くなり、仕事も慌しくなってきた。
その影響もあり、今日は帰りが遅くなった。
今日はクワ作業は止めとこう・・、そう思いながら帰宅。

まずは食事を摂りながら一杯!
アルコールを摂ると気持ちが高揚してくる( ̄▽ ̄)♪
こうなると、もう止まらない(^^;)
結局、投入70日経過した瓶で、喰いの良さそうなボトルを2本交換。
今日は幼虫が小さかった為、画像UPは省略^^;

メス→12.6g(能勢80系統)
オス→20.6g(メルリン久留米)

2頭とも、自分の1本目での目標ライン(オス20g・メス12g)を超えておるので、まぁ良しとしよう。




今日は6/24投入、メルリン久留米の喰いの良いボトルを1本だけ交換。
結構喰いが良かったので、てっきりオスかと思っていたら・・。

掘り出してみるとメスだった^^;
ただ、喰いが良かっただけあって、投入後9週間の割りには結構デカい!
量ってみると13.6g(⌒▽⌒)

なるほど、派手な食痕が出るのもうなずける。
7/1投入分でも、デカいオスが居るので、この系統はかなり楽しめそうな気がしてきたo(^-^)o

今日は菌糸瓶の受取りがある為、早めに仕事を終えて帰宅した。
そして、帰宅と同時に菌糸瓶のチェック。
いずれの個体(2本目投入分)も異常なし!

7/1投入分の気になる留米幼虫を観察・・やはりデカい( ̄▽ ̄)♪
その他も一通りチェックを終え、食事を摂ろうとしたところ、何やら赤みがかったものが目に入った。
良く見ると、先月蛹化したボトルの個体が羽化している。

クリアボトルではない為、外からははっきりと見えないが、今日もしくは昨日羽化したようである。
菌糸瓶への投入が4/22だったので、約4ヶ月での羽化になる。
常温管理しておった時でも、ここまで早い羽化はなかった。

暴れでの体重減+早期羽化でサイズはかなり縮むだろうが、記念すべき2009年度羽化第1号個体なのでちょっと嬉しい気持ちになった。

2009.08.24 交換したい病

いよいよ今月末から、本格的な瓶交換(主に自己採卵個体)が始まる。
6月末から投入すること約100頭どんな個体が出ることやら・・。
さすがに投入から2ヶ月近く経っているものもあるので、喰いがかなり進んでいる瓶もちらほら。
なかには、幼虫の見える瓶もある。

だが、ここで問題発生!?
実は昨日、7/1投入分で、かなりの大きさの幼虫(久留米)を発見!!
幼虫(大きなオス)が見えると、ついつい交換したくなってしまう(*^_^*)
どうしようもない悪癖である。
昨日がその最たる例で、まだ菌糸瓶が日持ちするのを分かっていながら能勢の瓶を交換してしまった・・。
とにかくあと1週間程度の辛抱?なので、何とか理性を保って予定通りに瓶交換を進めたい。

2009.08.24 気分転換



週末の結果があまりにも酷かったので、今日は見た感じ大きそうな瓶を気分転換も兼ねて1本だけ交換。
kailuaさんからの能勢80系。
投入期間は約9週間。

こちらは先日とは打って変って、菌糸の回りが非常に良く、見た感じあと一週間放置しても全く問題なさそうであったが、早く幼虫を観たかったので無理矢理交換(^^;
分かっておったが、このラインからの幼虫はやはりデカい!!
約9週間の投入で23.6gであった。

体の色を見ても、まだまだ伸びしろがありそうなので、こちらも次への期待が大いに膨らんだo(^-^)o

2009.08.22 瓶交換

昨日、実家へ帰る前に劣化の酷い菌糸瓶を一部交換した。
案の定、掘り出すと真っ黒に変色したオガが出てくる・・。
幼虫の生育も危惧しておった通り、散々たる結果で写真を撮る気も起こらなかった・・。

交換したのは計6本で、いずれも6月末に投入したマツノ系川西産で投入期間は約50日程度になる。
出てきたのはオス2頭とメス4頭。
体重はというと・・。

オス→13.7g・13.3g
メス→10.2g・9.8g・9.4g・8.6g

投入期間が短いとはいえ、オスが15gもいってないのはあまりにも寂しい(TT)
メスも1頭が10gを越えたのみで、その他は1ケタ。
残り34本、これから先が思いやられる結果となった(-‐)

2009.08.21 アイデア?

能勢のメスが不足している。
もう2~3頭確保したいところであるが、悲しいかな資金も不足している・・。
否、底をついたと言うべきか^^;

今月末から怒涛の瓶交換ラッシュが控えている為、メスを購入する余裕などあろうはずが無い。
来年の春までメスの購入を控えれば良いだけのことなのだが、現時点で品薄の能勢メスが来春まで残っておるとも考えにくい。

何か良い方法は無いか?と考えていたら、我ながらとんでもない事を考えついた!
実は能勢YG(847)のメス幼虫で1頭暴れた個体が居る。
3本目投入時には既に、体はクリーム色になりかかっていた。
これ以上の成長には?が付くので、この個体を早期羽化(10~11月上旬羽化)させようか?と思案している。
多少サイズダウンするだろうが、メスが足りなくなるよりは全然良い!
まだ迷っているが、多分早期羽化スイッチ・オンしてしまうだろう(*^_^*)