FC2ブログ
かなり間が開いてしまいました

ちょっとしたアクシデントがありまして、使用する予定だった♀を2頭(52ミリ・51ミリ)ブリード予定から外しました。※51ミリはすでに★になってます。←寿命で


明らかに他とは違うので、怪しい個体は使えません


で、♀が減って困ったぞ・・・、と思ってた矢先、団員のぽてちさんから強力な助っ人が送られてきました。
866同腹インからの49.5ミリと866同腹アウトからの50ミリの2頭です。
2頭ともに昨年冬の早期羽化ですが、立派なサイズです。
ぽてちさん、素晴らしい♀をありがとうございます


では行きましょうか。
 
 
 
 


能勢YG血統(旧847) 82.1ミリ
 
この子はyasukongさんから一昨年幼虫で里子にいただき、自己ブリードで羽化させた個体で、マイギネス個体になります


自信初の82ミリオーバーだったので、掘り出した瞬間の衝撃、そしてノギスでサイズを計測した時の喜びたるや、ハンパなかったです。
感動を与えてくれたこの子に対しての思い入れはハンパありません!
左のアゴの根元にできたシワがちと残念ですが、お肌はご覧のとおりすべすべで、とても綺麗な個体です。
この子には下記2を付ける予定です。
 
旧80系統の52.5ミリ(80×80) shimaさん
旧847血統の49.5ミリ(866同腹直仔イン) ぽてちさん
 
 
 
続けて行きましょう。
 


能勢YG血統(旧847) 83.0ミリ
 
こちらの個体はマサレッドさんから里子に頂きました。
同腹兄弟で85.4ミリ、85.1ミリと2頭の85ミリUPが出ています。すげー!!
ご覧いただいても分かると思いますが、バランスが良くてめちゃくちゃカッコいいです


この子の凄いところは、越冬下温度が一ケタ台まで下がっているにも関わらず、越冬せずにゼリーを少しずつではありますが食していたことです。
こういう子が次世代、凄い子供を残すのかもしれません。
この子には我が家ではいちばん多い、3を付ける予定です。
この子はヤル気出すのにかなり時間が掛かりましたが、ようやくエンジンが掛かってきたみたいです。
ウチのエースですから頑張って欲しいですね。
 
旧847血統の54.4ミリ(上記82.1ミリと同腹) 自己ブリ
旧80系統の50.7ミリ(80×80) 80さん
旧847血統の50.0ミリ(866同腹直仔アウト) ぽてちさん
 
 
以上、我が家の種♂を使った能勢YGは自己ブリ5となります。
次世代以降を考えると1頭の♂に集中して種付けするのは良くないので、自己ブリは3頭以上同じ♂を使いません。 
あと複数の方からコラボ用に6♀を預かっておりまして、これがまたプレッシャーです(^^;)
 
 
 
それとは別にあと3頭♀を所有しておるのですが、こちらは種所有者様(お二方)のご厚意で、種付けしていただけることになってます。
お一方は皆さんもうご存知かと思われますが、ご本人様たちにご迷惑をお掛けするといけませんので、お二方ともお名前を伏せさせていただきます。
無事幼虫が採れましたら、その時はこの場で詳細をお知らせさせていただこうと思ってます。
なので、今回はAさん、Bさんとさせていただきます。
 
 
Aさんには一頭、下記を種付けしていただきます。
Aさんのは旧847血統になります。
 
旧847血統の52.8ミリ(上記83.0ミリと同腹) マサレッドさん
 
 
 
 
最後にBさんですが、Bさんには下記2を種付けしていただくことになってます。
Bさんのは旧80系統(80×80)×2頭になります。
 
旧80系統の53.5ミリ(80×80) マサレッドさん
旧847血統の53.0ミリ 自己ブリ
 
 
 
 
本当はこれらも大々的に紹介したかったのですが、先にも述べたようにご本人様たちにご迷惑がかかるといけないので、今回はお名前の公表を差し控えさせていただきました。
 
兎にも角にも、下手くそな私には勿体無いぐらいの種親たちです。
こういう機会を与えてくださったお二方に良い恩返しができるよう、死に物狂いで頑張りたいと思います。
スポンサーサイト