FC2ブログ
2月になりました。
自宅パソコンが☆寸前ということで、今回も実家で書いております。
 
さて、皆さま交換は終わりましたでしょうか?
私の方はと申しますと、我慢の交換作業がまだ続いております。
意味深な発言ですが、飼育が飽きたとかモチベーションが下がったとかそういった意味ではございません。
実を言うと、11月~12月末までの約2ヶ月間、自宅マンションの改修の影響で、共用廊下に面して設置している棚で飼育している♂約120頭がほぼ壊滅の状態です(汗)
私の住んでるマンションは築20数年の古いマンション(外観は結構ハイカラですが)で、外壁の補修や共用廊下の床の補修で毎日ではなかったのですが、振動に悩まされました。。
夜勤でお昼に睡眠をとってるときには、カタカタと振動が伝わってきて、おいおい幼虫大丈夫か??と心配しておったのですが、菌糸瓶の状態も良く、なおかつ暴れも振動の影響が少ない所に避難させた♂たちに比べ、やや多いぐらいかな?といった感じだったので、それほど影響を受けてないのかな・・・、と高を括っておりました。
ですが、、、、交換を始めるとそれはもう・・・・・。
32g⇒26gとか、22g⇒15g、、、、ほとんどが横ばいもしくは減少とそれはもう悲惨です
更には、過去2年750頭近くを飼育して♀1頭しか自然早期が出なかったのですが、既に♂4頭♀3頭自然早期羽化が出ております。。
上記7頭の自然早期羽化ですが、全て共用廊下に面した棚で飼育してた個体で、能勢・久留米関係なく羽化しております。
以前何かの雑誌で、振動など外的要因が加わると幼虫は身の危険感じ蛹化し始めるという記事を読んだ記憶があるのですが、これに当てはまるのでしょうか?
ブリード始めた頃はちょくちょくと早期羽化が出ておりましたが、たしかにあの時は瓶を頻繁に触ってましたね(笑)
当時は温度が無茶苦茶だったのもあるのですが、どうなんでしょうね???
ちなみに温度は昨年と全く同じです。
こんな理由で精神的に厳しい交換が続いてますが、避難させた幼虫は比較的大きく育っているので、少しでも苦痛を和らげようと、避難組2頭⇒壊滅組2頭⇒避難組2頭⇒壊滅組2頭・・・・・、といった感じで少量ずつを交互に交換しながら苦痛を和らげております(笑)
現状♂は約3分の2を交換しましたが、35gオーバーは能勢YGが7頭と久留米で2頭出ております。
未交換があと3分の1残ってるので、なんとか12~13頭出てくれないかな・・・。
交換当初はかなり凹んでましたが、終わったものはもうどうしようもありませんから、あとは避難させた幼虫たちに頑張ってもらって何とか目標の86mmが出たらな・・・、と思っております。
 
 
 
 
暗い話題ついでに、、、。
はっきり言ってこちらはもうどうでもいいと思ってましたが、非常識な行動を見るにつれ、どうにも許せなくなってきたので書かせていただきます。
何のことかと言いますと、実は昨夏久留米の85同腹ペアーを販売した方(ブロガー)が居るのですが、一括での支払いが困難だということで、本人の希望で分割払いを約束に個体をお譲りさせていただきました。
ご本人からは毎月5千円程度をお支払いするとの言葉を貰ってましたが、約半年が経過したにも関わらずまだ2回分しかお支払い頂けてません。
で、何が許せないかと言うと、私への支払いが済んでないにも関わらず、後に別の方からクワガタを購入しているようなんです。
普通だったら私に遠慮して公開等控える(私への支払いが終わってないわけですから)のが普通だと思うんですが、彼はそういった常識を持ち合わせてないのか、堂々と補強個体を公開されてました。
実は昨年の11月に別ラインの♀を譲ってほしいと彼に相談されたのですが、正直支払いも終えてないうちからよくこんな相談を持ちかけてくるな・・・、と半ば呆れてました。
こういう書き方をすると反感を買うかもしれませんが、ボクは別にお金に困っているわけではありません。
なので彼から残りのお金を払ってもらいたいとも思ってませんし、汚れたお金なんて要らないです。
それにもうお付き合いするつもりもありません。
他にも被害に遭われる方が出てほしくないのと、彼に反省を促す意味で、本件については好ましくない内容だと分かっていつつも敢えて触れさせていただきました。
小遣いの範囲で楽しむからこその趣味であって、人様に迷惑をかけてまで楽しむのはもはや趣味とは言えませんからね。
実は今年度のコラボ個体を少数プレするつもりでいましたが、中止にしました。
お付き合いさせていただいてる殆んどの方は良い人ですが、中にはこういった非常識な方も居られるからです。
昨年プレを遠まわしに告知しておきながら、約束を破るようなことになり申し訳ございません。
 
 
 
 
さて、このまま終わっても何だか後味の悪い記事になっちゃうので、来期の種親の話題でもww
訳あり個体で使うかどうか迷っていたのですが、勿体無いので使うことにしました。
この子です(ピンボケで申し訳ございません)↓↓
 

 
能勢YG83.0mm(マサレッドさん09年2番)×54.4mm(yasukongさんから幼虫で里子)の仔
♂84.7mmです。
使うかどうか迷ってた理由は、ご覧のように翅パカ君だからです。
サイズの方ですが、上翅の先端までの数値で、お尻の先までだと85.9mmぐらいあります。
恐らくですが、完品でちゃんと翅が閉じていれば多分85mmは越えてたと思います。
物事にタラレバは禁物なのですが、ご覧の通りアゴ先がかなり湾曲しておりまして、ストレート形状のアゴが付いて、なおかつ完品で羽化したら86mm近くになっていたんじゃないかと・・・。
 
 
実はこの♂を掘ったとき、先に上半身が見えて思わずガッツポーズしました。
85mm出たぞ!って(笑)
なのでお尻が見えたときはガックリでしたね。翅パカ君よ、スマンw
ですが可能性は秘めてると思うので、迷いましたが使うことに決めました。
こういう虫なので種があるかどうか心配ですが、軽度の翅パカなので大丈夫かな・・・(笑)
 
 
最後にいつものやつをww(笑)
 
 
 
今回は一部不適切な内容が含まれるので、コメント欄を閉めさせていただきました。
ご理解下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スポンサーサイト