FC2ブログ
割り出しがかなり終わったので、2週連続の投稿です。
というのは半分建前で、トップブリーダーさんから今後続々と巨大成虫の羽化報告がされると思い、早目の更新となりましたw
 
30頭の35gオーバーを得て臨んだ2013年度YGの羽化でしたが、目標の87mmを越えることができました。
記念すべき1頭がこの子です。
 

♂87.5mm(85.6×54.8)
 
 
♂はyasukongさんからの866直仔85.6mm、♀は自己ブリード個体です。
種親♂85.6mmからは、前年満足のいく♂個体が得られませんでしたが、一年遅れで良い後継虫が羽化してくれました。
 
 
 
 
 
同腹個体が続きます

♂85.1mm(85.6×54.8)
 
 
 
 
 

♂86.1mm(85.6×54.8)
 
 
 
 
♂87.5mmのラインからは、合計3頭の85mmオーバーが羽化してきました。
他には翅ズレで84mm後半(長い方で測ると85.3mmくらい)とガッタさんのお宅で☆になってしまった87.1mmもこちらのラインです。
 
我が家では残り3頭(41g、35g、35g)、ガッタさん・龍さんのお宅でも羽化(掘り出し)待ちの♂が居て、上手く行けばあと2~3頭大台個体を追加できるかもしれません。
41gが完品で羽化したら、、、などと妄想している今日この頃ですw
 
 
 
 
次行きますww

♂85.2mm(85.4×52.5)
 
 
 
こちらはyasukongさんに種付けしていただいたラインで、里子先のガッタさんのお宅では86mmが羽化しております。
ガッタさんのオークションページ(同腹83mmペアーを出品中ですw)にも書かれてますが、このラインはとにかくアゴが直線的で長いです。
それほど体重が載らなかった割に大きく羽化してきたのは、やはりこのアゴの長さが起因しているように思われます。
ちなみにこの♂は32.8gからの羽化でした。
前年羽化の86mmもそうでしたが、yasukongさんの858系は軽い体重から本当に良いアゴした個体が出ます。
こういうラインは大事に累代していきたいですね。
 
 
 
 
 
次行きますww

♂88.1mm(M85.2×53.0)
 
 
 
 
我が家でも88mmが出てくれました(嬉)
親♂85.2はマサレッドさんのご厚意で卸していただいた個体で、マサレッドさんに最高の恩返しができました。
♀53mmはおおくわ80さんラインの累代です。
当時のおおくわ80さんラインは847系の血が入っていない80系だったので、847系かそれに近い個体を掛け合わせれば良い結果が出るのではないかと考え、こちらのラインの組み合わせを決めました。
このラインの結果については、まさに 『してやったり』 といった感じです。
 
で、個体の方はご覧のようにアゴは短めで、yasukongさん種付けラインの852のアゴが付いていたら、、、などと思いましたが、贅沢言っちゃあバチが当たりますね。
算数ではないのでうまく行くかは分かりませんが、上記85.2mm(アゴの長いライン)の同腹♀でも掛け合わせみたいと思ってます。
ちなみに、同腹ではあと1頭85mm強の個体が羽化しておりますが、まだ固まってないため計測待ちの状況です。
 
 
 
 
2013年度ブリードですが、目標であった87mmを飛び越えて、88mmが羽化してくれました。
他の皆さんも続々と大きな個体を羽化させておられたので、嬉しさ半分・ホッとした気持ちが 『ハーフ・ハーフ』でした。 ←真央ちゃん風にww
他にも数頭の85mmオーバーや羽化待ちの個体が居りますが、そちらの方は羽化後固まり次第ご報告させていただきます。
あと数日で羽化しそうなデカイ蛹や、40gオーバー2頭の羽化も控えているので、2013年度の羽化はまだまだ楽しめそうです(笑)
 
スポンサーサイト



相変わらず幼虫を採ってます(笑)
今年から♀の半数以上を神長さんの産卵用デジケースにセットしましたが、本当に楽ですねー。
神長さんのHPに書かれてるとおり、5分足らずで全ての幼虫が取り出せます。
材に比べると採れる数は少なくなりますが、それでも多産する♀であれば、7日間セットで20頭前後幼虫が採れます。
里子に出さないラインであれば、これだけ採れれば1セット組むだけで十分ですね。
というか、自分がイメージしてたよりも数が採れたので、完全に予定が狂っちゃいましたw
ほんとのところ、1セット10頭でよかったんですが(笑)
 
 
さて羽化の方ですが、久留米はほぼ大きな個体が羽化を終えています。
オアシス1本目の体重載りの悪さに戦意喪失してしまい、半数以上をダメに(放置)してしまいましたが、前半(S4)投入組は頑張ってくれました。
 
で、最大個体は団長からの里子でした。

♂86.1mm  ※自己ブリ85.1mm×団長52.5mm
 
こちらの♂は神長さんのHPで紹介していただいた個体です。
 
昨夏団長から12頭里子していただいた中の1頭です。
♀親52.5mmは86mmが2頭羽化している、あのマツノインセクト8番です。
出るべくして出たって感じでしょうか。
この子はガッタさん宅で羽化した85.6mmと同腹兄弟です。
ガッタさんの方は頭幅が30mmを越えてるらしいですが、この子はジャスト29mmくらいです。
私の個体は良い方(長さ)に出てくれた?ってことでしょうか。
あと2頭大きな幼虫が居ましたが、1頭は☆、もう1頭は羽化不全でした。
羽化不全の方はパーツだけ見たら、この子よりも大きかったです。
団長からは追加で10頭里子の打診をいただいてたんですが、キャパオーバーを理由に断っちゃいました。
今更ですが、こんなことなら無理してでも貰っておくべきだったと後悔してますw
 
神長さんにお渡しした写真の出来がイマイチ納得いかなかった(よく見ると体を反ってノギスと隙間ができてた)ので、昨日写真を撮り直しましたw
ボクは小心者で繊細ですから、←強調!  『何だよ、ノギスと隙間できてんじゃん』とか言われるのが嫌なんですよww
ただ、一人での撮影だとこれが限界ですね。
この子は暴れん坊で体を反らす(威嚇する)クセがあるので、ほんと撮影には苦労しました。。
じつはこれ撮ってる最中に2度指を挟まれちゃって、めっちゃ痛かったですww
あまりやりたくはなかったのですが、バケツに水汲んで数秒間水の中に沈めて大人しくさせましたw
虫には大迷惑な話ですが、お疲れ様ってところです(笑)
 
 
もう1頭はこちら

♂85.7mm  ※自己ブリ85.1mm×52.0mm
 
 
親♀52.0mmはメルリンさんの2011年3番♀で、ボクのやりたかった組み合わせです。
3番の♀が単品で販売されてるのを知って、即買いしたのを今でも憶えてますw
向かって右側の翅に水膨れみたいなのが出来てて、左の翅は少し上に浮いてます。
※翅開きではなく、浮いてる感じです。
このラインは他にも大きな個体が居ましたが、先程のライン同様☆と不全でした。
やはり幼虫が大きくなると、その分リスクも高くなりますね。
この子には厳しい状況下から無事羽化してくれてありがとうって感じです。
 
 
久留米で大きいのはこの2頭だけでしたが、飼育数が少なかったので十分満足しています。
今年も良い♀を仕入れる予定なので、少ない飼育数でも結果を残していきたいですね!
 
前の更新から随分開きました。。。
4月から仕事の内容(配置)が全く違うものに変わったため、少しお休みしてました。
2ヶ月経ち仕事にもようやく慣れてきたので久々に更新しました。
 
羽化はもうチョイ先になりますが、今年も5月20日頃から順次割り出しを始めております。
何頭か採れてない♀も居ますが、30頭くらい居るの中の数頭です。
十分な準備もせず、人様から譲ってもらった虫を自分のブログで堂々と種無しだとか言われる方も居るようですが、私は採れない個体が出てもあえてここには書きません。
知らない人が読んだら虫を卸してくれた方に対してマイナスなイメージを持たれるかもしれませんし、書かれた側も恐らく良い気はしないでしょう。
私も同じことされたらめっちゃ気分悪いですし。。
十分なスキルを持った方、あと自己ブリード個体に対しての発言であれば話は別ですが、見ていてそれじゃあ採れなくて当然でしょ!って思わずツッコミたくなる人が多いのが現実ですね。
何書くかは個人の自由と言われたらそれまでですが、最低限の礼儀はわきまえるべきだと自分的には思ってます。
 
 
 
産卵の方に話を戻しますが、多産してる♀では、18日セットで50頭越えが2頭居りました。。
これ以上採れ過ぎても困ってしまうので、飼育数を確保出来たラインはすでにセットを解除しました。
神長さんに菌糸を予約してましたが、予想以上に採れ過ぎてて瓶が足りないので、ガッタさん・団長・龍さんには自ブリ分を調整していただき、受け入れしてもらいました(笑)
お三方、大量に送りつけちゃってすみません(笑)
 
そういえば最近幼虫を初めてオークションに出したんですが、久留米・川西等に比べて値段が付くからか、相変わらずYGはインチキ出品が後を絶ちませんねー
 
まずはコレ
86×56の幼虫?
定規と虫並べるって、いつの時代ですか?って感じです(笑)
あれは斜めから撮影してるから大きく見える(写ってる)だけで、実際は80mmくらいじゃないかな?
出してる幼虫も恐らくショップかなんかで100円くらいで買い付けた物でしょう。
今回私の幼虫落札してくれた方がコイツから幼虫買ったそうですが、2頭死着だったそうです。
ちなみにこの虫は866同腹から4代累代しているそうです(笑)
 
次はコレ
分かる方は証明書見ればお気付きになられると思いますが、、、。
2012年羽化80.5mmの直仔(85.5mm)から今年幼虫採るって、羽化後即ブリってことでしょうか?(笑)
ブログやってる人は安全だって思い込みも危険だっていう良い見本ですね。
今回は18000円ですか、、、落札された方は高い授業料払いましたね。。
この人YG×信玄もやってるってブログに書いてましたが、YG×信玄はどこに行っちゃったんでしょうね?
ヤフーに出品してるのは全部YGって、有り得ないと思うのは私だけでしょうか?
 
 
最後はコレ
86.2mm同腹って、よくもまぁ・・・。
この84.2mmは団長から買った虫(下記URL)で、元親はウチの♂833と♀515です。
      ↓↓
コイツも毎年のように成虫・幼虫売ってますが、人様から大きな虫買ったあとにその虫の写真のっけて、〇〇mm同腹・〇〇mm直仔幼虫って謳い、販売するパターンです。
ちなみにコイツの売ってる虫は毎回75mm前後の小さな虫ばかりです。
実際85とか86mm出された方は分かると思いますが、兄弟でそんな小さい虫なんて何頭も出ません。
80mm以下でさえ、ほとんど出ないんじゃないかな。
トップブリーダーさんの中には飼育データをHPで公開されてる方も居るので、参考までに覗いてみてください。
 
 
久々ってことで、今日はちと暑苦しい記事になっちゃいました。
次はスカッと大型羽化の記事を書きたいですね!
さぁ、もうっすぐダービーだ、頑張ろう(笑)
 
 
 
 
 (追記)
6月1日 17:56 に一部加筆いたしました。