FC2ブログ
2014.08.11 補強第1弾
お盆休みに入りました。
あいにくの空模様で、予定していた行事をキャンセルされた方も居るのではないでしょうか。
私はここ最近忙しい日が続いてたので、お盆は2日ほど出掛けて、残りはゆっくりリフレッシュしたいと思います。
とはいっても、日曜日は仕事なんですけど・・(涙)
 
お題の通り、補強個体の紹介から入ろうと思ってましたが、相も変わらずバカなことしてる輩が居るので、少し触れておきます。
 
バカとはもちろんコイツのことです。
↓↓
 
パッと見、マジで86mmあるじゃん!!ホンモノ??
って思う方が居るかもしれませんが、お尻をよ~~く見てください。
明らかに上翅の形が不自然(お尻が異常なくらい長い)ですww
加工ソフト使ってお尻の絵を自分で書き足したんでしょうw
実物は82mm前後で間違いないと思いますww
やはり詐欺師だけあって、こういうテクをうまいこと使ってきますねw
 
 
そういえば数週間前でしょうか、『種親86mmが2014年5月に羽化した虫だったら、未成熟でブリードできないんじゃ?』って質問者からツッコまれたとき、『我が家のYGはどういうわけか成熟が早く、2カ月あれば十分ブリできますw』とかアホな事言ってました(笑)
他にもツッコミどころ満載で、明らかに素人だってことが見てると分かります。
866と871の区別も全く出来てませんしw
yasukongさんの証明書も83mmのは恐らく自分で偽造したものでしょう。
当然ですが、売ってる幼虫は100パー無産地でしょうから、これ見た方は引っ掛からないよう注意しましょう。
 
 
 
 
さて、本題ですが、今年も大物ブリーダーさんから素晴らしい虫を補強させていただいてます。
私は小出しするのはあまり好きではないのですが、いずれも素晴らしい虫ですし、さすがにそれだと勿体無いので何回かに分けて紹介させていただきたいと思います。
※載せれる画像に限度もありますからw
 
 
紹介順ですが、頂いた順でご紹介させていただきます。
 
 
先ずはこちらの♀2頭


今年もおおくわ80さんから2頭里子をいただきました。
種親84.8mmの方ですが、兄弟で85mmが2頭と84mmが1頭羽化しているそうです。
ご存知の方も多いと思いますが、80さんは1ラインあたりの飼育数がとても少ないです。
そんな中で85mm×2頭ですから、かなり優秀なラインだと思います。
 
もう1頭種親83.7mmの方ですが、こちらは80系統に寄ったラインということで選んで下さりました。
こちらのラインは残念ながら大きな♂2頭が☆になってしまったそうですが、上記84.8ラインと同様、少ない個体数から84mmが羽化しております。
 
※80さんには無理を言って、我が家の88.1mmラインの♀を3頭里帰りしていただきました。
こちらもご存知の方は多いと思いますが、88.1mmの親♀は80さん宅のYGの累代になります。
 
 
次に行きます
こちらも♀を2頭(団長と合わせて)頂いてます


♂88mmが出た、よしくわさんの1番ラインです。
その他でも86mmが1頭出ているそうで、兄弟実績も十分の素晴らしいラインです。
♂親は各地で大型を連発しているGullさんからの個体です。
よしくわさんには無理を言って、貴重な♀を2頭(団長と私で共同所有)もお出ししていただきました。
よしくわさんからの♀ということなので、私がお預かりする一方はもう付ける♂を決めてますww
なんとなくですが、この組み合わせは当たりそうな気がするので(笑)
良いのを出して、里帰りさせることができるよう頑張ります!
 
 
 
今年ものっけから、素晴らしい個体をお譲りいただきました。
80さん、よしくわさん、本当にありがとうございました。
次回は今朝届いた補強個体をご紹介させていただきます。
※コレ書き終えたら、また虫を見てきます(笑)
 
 
今年のお盆は暑い(熱い)!   
以上ww(笑)
 
 
 
 
スポンサーサイト