FC2ブログ
今日は久しぶりに仕事が早く終わったので、自宅で記事を書いてますw
早く終わったと言っても別の用事で出掛けてたので、結局帰ったのは20時半でしたがww
どうでもいい話は置いといて、いつもお世話になってる80さんのご厚意で、素晴らしい♀をお譲りいただきました。

今年はYGだけで30頭強の♀を用意出来たので、追加での補強等考えてなかったのですが、血統背景をお聞きし二つ返事で里子をお願いしました。
それがこちらの♀です。


能勢YG♀54mm ※(847系0%)


昨年shimaさんからお譲りいただいた54mmと同じく、純血の80系統です。
他にも共通点がありまして、里子先で86mmが出ているとのこと。
所謂847の血が入ってないラインでこのクラス(86同腹)は、探してもなかなか見つけられません。
ボクはこういうシブいラインが好きですw
それにこういった虫を使うと、掛け合わせの幅が広がるので、とても重宝します。


お婿さんももう決めていて、マサレッドさん9番85mmに付けることにしました。
マサレッドさん9番は純血の847血統になるので、面白い組み合わせだと思います。
おかげさまでまた今年の楽しみが増えました。
80さん、素晴らしい♀をありがとうございました。



短文で終わってしまうのも寂しいので、2015年度自己ブリラインについて触れてみたいと思います。
種♂については下記12頭(能勢9頭、久留米3頭)の布陣となります。

能勢YG
88.1mm(自己ブリ)
87.5mm(自己ブリ)
86.0mm(自己ブリ※種親2年目)
85.8mm(自己ブリ)
85.5mm(自己ブリ)
85.2mm(自己ブリ※88.1mmと同腹)
85.0mm(マサレッドさん2013年9番)
85.0mm(Gullさん2013年21番)
84.5mm(Gullさん2012年4番)

久留米
86.1mm(自己ブリ)
85.7mm(自己ブリ)
85.5mm(自己ブリ※種親2年目)


Gullさん♂については、後日この場で詳細報告させていただきます(笑)
YGについては、あと数頭ずつ86mm、85mmが羽化しましたが、トレード・里子で外に出しました。
それでもなかなかの布陣を組めたと自負しております。
すでにペアリングも始めていて、早い♂は5セット目に突入してます。
今年も楽しみな季節がやってきました。



(追記)
昨年良い結果に恵まれたからか、有難いことに幼虫販売のお問い合わせを数名の方からいただいております。
更新記事に併せての告知となり恐縮ですが、他にご希望の方が居られましたら4月15日まで予約の受付をしておりますので、下記注意事項をご覧になり、ゲストブックに①お名前②メールアドレスを添えて 『幼虫リスト希望』 とコメントください。
私のアドレスをご存知の方は、直接パソコンにメールしていただいて結構です。
少しお時間をいただくかもしれませんが、なるべく早くお返事させていただきます。
※お返事は主に休日(土・日)になるかと思います。


(ご注意事項)
①販売上限は1ライン10頭(総数)までとさせていただきます。
各ライン販売総数が ※10頭になった時点で、そのラインについては予約打ち切りとさせていただきます。
※多少の融通は利かせます(笑)
②告知前にお問い合わせいただいてる方が優先になります。
その後は先着順で受け付けさせていただきます。
③種付けいただいたラインは販売できません。※団長種付けライン除く
④お渡し時期は6月20日頃~7月10日頃とお考えください。
たくさん採れたラインについては、6月上旬にお渡しできるかもしれません。
お渡し時期については、お問い合わせの際にご相談ください。
⑤自己ブリード分を確保できないとき(少産ライン)は、販売をお断りする場合がございます。
⑥送料は購入者様でご負担ください。



これまではほとんどが補強♂頼みだったため、こういった形(予約受付)をとってませんでしたが、今年は自前で数を揃えることができたので、誠に僭越ではございますが販売の告知をさせていただきました。
これまで交流の無かった方々も、気軽にお問い合わせください。




スポンサーサイト



珍しく短いスパンでの投稿ですw
 
掲題の件ですが、今年も少数ですが久留米のブリードをやりますw
管理数の問題もありどうしようか迷ってましたが、昨夏86mmが出てくれた時点で継続を決めました。
それに伴い、♀のみ4頭ですが、どれも素晴らしい個体を補強しました。
おまけ的なブリードで小さい虫ばかり羽化しても面白くないですから、ライン数は絞っても補強はガチです!
うち3頭は兄弟で86mmが羽化しているラインです。
虫は現在温室でペアリングの準備している最中なので、今回も管理票のみで失礼します。
 
まずは毎年お世話になってるshimaさんから
 


 
6番53.3mmと3番53.8mmです。
個体カードを見てもらえば分かると思いますが、6番からは最大86.1mm、3番は86.5mmが羽化しているそうです。
shimaさんからは、6番、3番ともに85mm台も羽化していると聞いたような気がします(笑)
ちなみに3番の親♀54mmは、マツノインセクト2011年8番だそうです。
奇しくも昨年我が家で羽化した86mmもマツノ8番絡みです。
各地で当たりを出しまくってるマツノ8番恐るべしですねww
 
6番は軽い体重から大型の♂がたくさん羽化したとお聞きしてます。
たしか29g台から84mm、30か31g台から85mmが羽化したと聞いた記憶があります。←記憶なので間違いがあったらさーせんww
 
 
次ですが、こちらも久留米フリークの間では知らない方が居ないであろう凄腕のブリーダーのあの方からです。

 
みかんさんから85.7mm直仔の2頭をお譲りいただきました!
みかんさんコラボCラインの54mmと2Aラインの53mmです。
画像が小さいので少し見づらいですが、コラボCラインからは翅パカですが85mm、2Aラインからは86mmと85mmが羽化しているそうです。
右側の系統図を見ていただければ分かるかと思いますが、♂85.7mmの相手にメルリンさんの2011年3番を掛けておられます。
この♂85.7mmの親♀がメルリンさん2009年10番となっていて、我が家の85.7mmが出たラインの配合にとてもよく似てます。
配合については♀を頂いた時に初めて知りましたが、あのクラスの方と同じような配合をしているのを知って、ちょっぴり嬉しかったですねw
全部を当てるのはさすがに無理ですが、少ないラインでもある程度のポイントさえ押さえておけば良い虫は羽化してくるので、ここは間違えないようにしたいと思ってます。
 
shimaさん、みかんさん、報告が遅くなりましたが、素晴らしい虫をありがとうございました。
 
 
 
ここからは余談ですが、先程団長から種付け依頼♀が『デカ箱』に入って届きましたw
発送前『予定よりちょっと数減らしたからww』と連絡いただいてましたが、開けてみるとこんな感じでした・・・。
 
                         ↓↓
 

 
これで数減らしたって、あのおじさん減らす前はいったい何頭送って来るつもりだったんだよ!?
マジ有り得ねーわ(笑)