FC2ブログ
今月二度目の更新ですww
忙しいんですが、補強記事ダラダラ延ばしてたら産卵時期に被っちゃうので、早目にやらなきゃと思ってましたw
 
 
と、その前に、、
 
20~22日に関東方面に遊びに行ってきましたw
もんちパイ先のブログを見た方はお分かりかと思いますが、例のアレです(笑)
順を追っていきますが、まず20日にA井パイ先(団長)、もんちさんご夫妻と合流、アキバでお昼ごはん、夜は横浜中華街でお食事させていただきました。
夜の中華街ですが、さすがにランキング上位店ということもあり、出てくる料理がどれも美味い
もんちパイ先にいたっては、ふかひれと玉子の炒め物を2回もオーダーし爆食いされてました(笑)
夕食を済ませ店を出る前にトイレに行ってたのですが、戻るともんちパイ先が先に会計を済ませておられ、なんと夕食をご馳走してくださりました。
もんちパイ先、お心遣いAZ~~S!&ゴチになりました
 
 
で、翌朝M本パイ先(龍さん)が合流、龍さんは家族サービス(罪滅ぼし?)兼ねてTDLに行っておられ1日遅れの合流です。
再会の挨拶もほどほどに、団長、もんちさんご夫婦と共に会場に向かいます


会場に着くと、、、
ここからはA井、M本両パイ先の独壇場でした・・・。
お二人のやりたい放題の振舞いに、ボクともんちパイ先ご夫妻はただただ唖然、、。
今後のために、あの人たちは一回つまみ出された方がよかったかもしれませんww。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ!!
画像無しでは寂しいので、癒しのワンショットを((´∀`))ケラケラ
 

いや~、じゅりぼうでらカワイかったっす

 
 
で、イベントも無事終了し、2日連続で中華街へと繰り出しましたが、この後もA井、M本パイ先のテンションはMAXのまま、、、。
ダチョウ倶楽部の『ヤー』みたいなポーズしながら(胸の前に小さく両手を出すような感じ)、二人で大騒ぎされてましたw
ここでもボクともんちパイ先ご夫妻がドン引きしたのは言うまでもありませんw
店を後にし、もんちパイ先ご夫妻とは7月の再会を約束しお別れ。
 
で、最終日龍さんはご家族と行動されるとのことで、カフェで龍さんご家族と30分ほどお茶してお別れしました。
その龍さんですが、『本州の7月はもっと暑いんだろうね』とか白々しい会話しながら、7月の再訪をご家族にカミングアウトされてたことを書き加えておきますww
 
 
ここからは団長と二人、お土産買った後、月島にもんじゃ焼きを食べに行ってきました。
本場のもんじゃは初めて食べましたが、やはり美味かったですね。
残念ながら中華の写真は撮り忘れましたが、もんじゃはちゃんと撮影しましたw

写真ですが、たしかあさりもんじゃだったような気がしますw
あまり時間が無かったので二人で4品食べてお店を後にしました。
 
羽田の駅で団長とお別れし、さぁ帰阪、、、の予定でしたが、、。
ANAのシステムトラブルに巻き込まれ、私の搭乗便が欠航になってしまいました
そこから振替の列に並んだのですが、手続きの窓口まで辿り着くのに3時間くらい掛かり、帰りが大幅に遅れたのは言うまでもありませんw
自分はもちろん何も言いませんでしたが、受付やってる人たちは度々文句言われて、見ていて気の毒でした。
そんなこんなで帰りが遅くなったため、止む無く次の日も休暇を取りリフレッシュさせてもらいましたw
パイ先方、断っておきますが『止む無く』ですぞ ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、
 
 
 
 
オフ会についてはここまで、次は虫のお話です。
前回も軽く触れてましたが、毎年お世話になってるあの方と先週のオークションでみんなが注目してたあの方からの補強個体です(笑)
 
 
注目オークションの方は名前書かなくても分かると思いますが、Gullさんのことです。
Gullさんにはとびっきりの早期♀を合計3頭お譲りいただきました!
この娘たちですw
 

先ず1511ですが、最大41.7g他にも30台後半がズラリと並んでます。
次に1522、こちらは最大43.7g、他に1頭40gが出てます。
最後に1530、こちらは40g~が3頭、最小で36g台と安定して大きいのが出てます。
 
1511、1522に関しては、いくつかラインナンバーを挙げた中から、Gullさんに虫を選んでいただきました。
ラインを選ぶポイントはいくつかあります。
長くなるので書きませんが、ここさえ押さえとけば良い虫が出る確率がかなり上がると思ってます。
1530だけは、自分で選んでお願いしました。
どうしても欲しいラインだったので、余虫が居てほんとにラッキーでした。
この1530の51mmからは多分良いのを出せると思うので、まぁ見ててください(笑)
 
 
大トリはいつものあの方です。
こちらも名前を挙げるまでもないかと思いますが、マサレッドさんです。
昨秋に通常羽化♀2頭、今冬に早期羽化♀2頭をお譲りいただきました。

 
1401と1404はともに完品87mmが羽化したラインです。
その下にも86、85mm等が羽化しているように、マサレッドさんご自身から1401と1404がいいんじゃないかとプッシュしていただきました。
 
そして早期♀ですが、あの♂88.3mm、♂87.5mm(ともに1309)の直仔をお譲りいただきました。
こちらもやはりと言いますか兄弟幼虫から43gオーバーが出ているラインで、飼育経過・サイズともに言うことなしです!
マサレッドさんの虫は毎年どれかが必ず当たるので、兄弟実績、幼虫の経過含めて、今年も素晴らしいラインを融通していただけました。
何より、あの1309の883、875の直仔を今年ブリードできるのがとても楽しみです!
 
 
昨秋から長時間掛けて紹介してまいりましたが、2016年度補強種親については今回で終了。
自ブリの早期も欲しいラインは大体上手くいったので、あとはしっかりペアリング決めて、ガッツリ幼虫採ります
 
 
 
(追伸)
数名の方からお問い合わせをいただいてるので、今年も幼虫の販売ご予約をお受けします。
当方のアドレスをご存知の方は、ご興味あれば直接ご連絡ください。
ご存知ない方は、ゲストブックに連絡先を書き込みいただければ、こちらから折り返しご連絡させていただきます。
すでに♂♀の組み合わせは決定しておりますが、組み合わせ表がまだ出来てませんので、返信の方は来週以降になる旨をご容赦ください。
 
もちろんですが、冷やかし・興味本位でのお問い合わせはご遠慮ください。
昨年こちらから数回返信したにもかかわらず、お返事いただけなかった方(HN rさん)には問い合わせに来られても返事はしません。
 
 
スポンサーサイト



2016.03.13 佳境
いやぁ、また前記事から時間が空いちゃいました。。
忙しいとついサボっちゃう、、、いけませんねー(笑)
期末なので仕方ないですが、この時期は毎年駆け込み受注ってのがあり、例年ヒーヒー言ってるような気がします。
そういうわけでここ数日、2名の方からお電話頂いてるのですが、毎日帰りが遅いのでちょっと出ることができません。
この場をお借りしてお詫びしておきます。
ボクの場合、家に帰ったら飯と風呂以外はクワガタの世話が最優先です。
後回しにするとその分計画にも狂いが出てくるので、ご理解いただけると幸いです。
※できればメールでご連絡いただけるとありがたいです・・。
 
さて本題に入る前に、昨夏補強した虫の紹介がまだ終わってませんでした。
期待の血統なので、先にこちらに触れておきます。
では画像から。
 

♂85.0mm(おおくわ80さん2014年12番)
 
 
80さんから878同腹の♂85mmです。
我が家の883同腹オス85mmとトレードしていただきました。
ご覧のようにとても綺麗な虫です。
兄弟では878以外に翅開きで88mmオーバーも居るようで、素質については疑いようの無い個体です。
同じく同腹の♀54mm、14番の55mm(86mm同腹)もお譲りいただきました。
※メスは温室でスタンばってるので画像無しですw
いずれも我が家とは血の離れた虫になるので、上手く血を取り入れていきたいと思います。
 
もう1頭はshimaさんから。
例の882同腹♀(55.0mm)をもう1頭いただきました。
こちらは種親候補として残してた個体だそうで、こういう虫頂けるとテンションが上がりますねw
すでにお婿さんも決まってるので、ガッツリ幼虫採りたいと思いますww
 
明日楽しみな早期♀が届くのと、もうお一方 『いつものあの方』 から補強しているので、こちらは次の更新時に纏めてご紹介させていただきますw
 
 
 
 
 
さて、掲題の件ですが、我が家も3月に入ったのと同時に、温度を上げ始めました。
2本返し以外は全て仕上げにレビンG使ってるので、キノコ地獄から上手く乗り切れるか心配してましたが、思ってたより順調な感じです。
詰めないのでブロックはどんな感じか分かりませんが、ハッキリ言って既製品は2本目ほど出来は良くなかったです。
見た瞬間この瓶はダメだなってのもかなりあったので、それらはいつもと同様使わずに廃棄処分です(笑)
 
で、数が足りなくなるので20本ほどダメそうな瓶を使いましたが、それらの瓶には小さい幼虫を放り込みました。
結果はやはりというか、暴れ・劣化(青カビ)で、現状10頭ほど余った800瓶に移動してもらいました。
グラム考えたらそのまま放っておいてもいいのですが、外れラインと小さい虫は毎年子供たちにプレゼントしてるので、小さくても綺麗に羽化してくるよう余ってる800瓶に移動させました。
 
少し触れておくと、温度はキノコが生えそうな(生える)ギリギリまで下げましたが、やはりダメな瓶からはニョキニョキと生えてきましたw
これはある程度分かってたことなので、特に大きな被害とかはなかったです。
可哀想ですが、こういう瓶には小さい幼虫に入ってもらってましたので・・。
この辺は経験積めば対処出来ることなので、今までの経験が活きた感じでしょうか。
どっちが良いのかは分かりませんが、ボクはカンタケは使わない派(自分なりの考えがあって)なので、来年はもう少しラクしたいですね(笑)
 
 
さて、最後に幼虫の紹介です。
前記事後、1頭だけ40gオーバーが出てきました。
こちらの幼虫です。

能勢YG86.0(Gullさん1304)×54.5(団長早期)
 
団長からの里子ラインです。
1本目39g後半だった幼虫で、5gちょっと伸ばしてきました。
このライン早期♀がとにかく綺麗なので、羽化の方も期待できるかな(笑)
 
 
※失礼ですが、多忙につき今回のみコメントを閉めさせてもらいます。