FC2ブログ
月曜からやっとお盆休みに入りましたw
メスの掘り出しも急ピッチで進めております。
メスのサイズについては昨年と同じような感じでしょうか。
ただ、今年は良い感じのメス(好きな形状)が多いように感じます。
自分は種虫候補のケース(プラボトル)に判別用のシールを貼るのですが、半分ほど掘った時点ですでに20を超えました。
良いメスは何頭居ても困りませんので、できれば40頭くらい候補が出てきてくれると嬉しいんですが、さてどうなることでしょう??

怪しいのは掘ってはいませんが、オスも恐らくですが全ての虫が羽化しました。
先日ご紹介させていただいた90.1mmの同腹で88mm後半の物凄く良い虫が居たのですが、羽化して10日ほどで☆になっていました。
コレにはさすがに凹みましたねーww
生き物なのでこういったアクシデントは付き物ですが、仕上がりは90.1mmよりも断然良い虫だったので、ブリード出来ないのが残念でなりません。

さて羽化の方ですが、今回も固まった3頭の写真を撮ってみました。
仕上がりについては前回・前々回に比べると一枚落ちますが、頑張ってくれた虫たちに感謝しつつ、ご紹介をさせていただきますw

それでは1頭目

88.4mm(871×532ライン)

前回ご紹介させていただいた、90mmオーバーの☆個体の兄弟オスです。
画像の通り向かって上の後ろ脚が途中から欠損しています。
蛹の時点で片方の脚がダラ~ンと伸びていたので、酷い羽化不全になるだろうとノーマークだった個体です。
欠損した脚以外の仕上がりは申し分ないだけに、本当に残念でした。


次いきます


89.0mm(871×532ライン)※翅ズレ

上記88.4mmの兄弟オスです。
89mm切るだろうと思ってた虫ですが、意外と縮みませんでした。
少し翅ズレしているので、サイズは短い方の翅先までのものを採用しました。
実際はもう少しあるのですが、この虫はとにかく気性が荒く写真が撮りづらかったので、コンマ2mmほどジョウを狭めて写真撮影しました。
翅ズレ+上翅がポッコリ膨らんでる以外は、ディンプルもなく奇麗な虫です。


次、今回はコレが最後です。



89.7mm(875×545ライン)


こちらは画像の通り、上翅に水膨れのようなものができています。
43gからの羽化だったので、羽化して上翅が閉じてるのを確認したときは『ヨシ!やったぞ!!』と思いましたが、固まって測ってみたらそれほどではありませんでした(笑)
お尻入るのもかなり時間が掛かりましたし、見ての通り結構パンパンの虫です。
とはいえ、数少ないyasukongさん875(1501)の直仔個体ですから、跡継ぎを残すことが出来たことについては素直に嬉しく思います。
親(875)は子孫を少ししか残せなかったので、来春までしっかりコンディション整えてペアリングに臨みたいと思います。



今回は上記3頭で終了です。
あと数頭大きそうな虫が残っているので、次回2017年ブリードの総括を兼ねてご紹介させていただきます。





スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://uechan0806.blog.fc2.com/tb.php/238-1fa52f46