fc2ブログ
表題の件GW辺りに系統図を完成させるつもりでしたが、ずいぶん遅くなってしまいました。。
幼虫のお問い合わせをいただいて方々、誠に申し訳ございません。
成虫の餌交換、ペアリングケース・種親メスのマット交換、暴れ瓶の交換、カワラ材の皮剥き、etc、、、虫の作業が多すぎて毎日ヘトヘトです。
あともう少しなので頑張ってみますが、身体が持たないので来年はちょっと考えます。

2022-01
918579.jpg


2022-02
918536.jpg


2022-03
918535.jpg


2022-04
913564.jpg


2022-05
913554.jpg


2022-06
913535.jpg


2022-07
913529.jpg


2022-08
905574.jpg


2022-09
905539.jpg


2022-10
902587.jpg


2022-11
902556.jpg


2022-12
901563.jpg


2022-13
901537.jpg


2022-14
900581.jpg


2022-15



2022-16



2022-17
896A565.jpg


2022-18
896A543.jpg


2022-19
896B557.jpg


2022-20
893566.jpg


2022-21
893538.jpg


2022-22
893537.jpg


2022-23
891593.jpg


2022-24
891564.jpg


2022-25
890578.jpg


2022-26
890528.jpg


2022-27
887561.jpg


2022-28
887559.jpg


2022-29
881534.jpg


2022-30
881533.jpg


2022-31
901M557.jpg


2022-32
901M540.jpg


2022-33
883M535.jpg


2022-34
883M521.jpg


2022-35
897S558.jpg


2022-36
897S524.jpg




とりあえず系統図を貼り付けてみましたが、バタバタしてるので間違いがあるかもしれません。
気付いた時点で修正加えていくので、間違いが有ったときは何卒ご容赦ください。

メスは早期主体で、通常羽化組はかなり少なめです。
通常羽化が10頭、早期羽化が26頭です。
累代が進む分、成績は早期メス使ったラインの方が大型の出る確率が高いように思ったので、早期の割合を増やしてみました。
たださすがに36頭は多すぎるので、各ライン強弱を付けて手元に残そうと思ってます。
飼育頭数は昨年同様400頭くらいになるかと思います。

補強メスについても簡単に触れておきます。
Twitterでのご紹介分についても、再度触れさせていただきます。

①DRIP氏58.1mm ※90.0mm同腹
②shima氏57.3mm ※89.7mm同腹
③shima氏56.4mm ※89.7mm同腹
④うさもんち氏56.6mm ※90.1mm同腹
⑤M’s氏早期52.9mm ※92.7mm直仔
⑥M’s氏早期53.5mm ※90.4mm(92.7mm同腹) 直仔
⑦龍氏早期53.5mm ※同腹幼虫44g
⑧龍氏早期53.7mm ※同腹幼虫49g



④のうさもんちさんメスなのですが、ペアリング後の栄養補給中に☆になってました。
2022-16の♂89.7mmの相手が1頭だけになってるのはそのためです。
不幸中の幸いと申しますか、上記♀56.6mmの同腹♂90.1mmに種付けいただいたので、こちらでカバーできればと思っています。
※2022-31~2022-34はうさもんちさん、2022-35~2022-36はshimaさんにそれぞれ種付けしていただいたラインです。

その他では2022-16♂89.7mmの同腹兄弟♂90.0mmも使用する予定でしたが、ペアリング前に符節が2本取れてしまったので、種親での使用を断念しました。
綺麗な虫でしたが、どこか弱いところがあったのかもしれません。


最後になりますが、幼虫をご希望の方は、①私信メール②問い合わせフォーム③TwitterのDM、左記①~③のいずれかから直接お問い合わせください。
メールアドレス(aeg...の方)は引っ越しに伴い、今年2月に変更しております。
割り出しは早い分は一昨日から、遅いので7月中旬に行います。

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://uechan0806.blog.fc2.com/tb.php/246-cbe72180