FC2ブログ
先週に引き続き固まった個体を撮影してみましたw
今週は完品2頭と残念個体2頭です。
先ずは残念個体から



91mmB(877×532ライン)

ノギスは91.6mmになってますが、画像向かって上の方の上翅がジョウに当たってません(チョイ短いので当てれません)ので、91mmBで管理します。
翅閉じてれば恐らく92mmくらいは行ったと思いますが、まぁこのクラスになると完品羽化のハードルがグッと上がりますね。
上翅以外は奇麗な虫なので、来年2~3メス付けてみたいと思います。
次行きます。



☆個体  参考サイズ 90.6mm(871×532)

羽化して1週間くらいのときに尻を引っ掻いて体液が流れ出てしまいました。
尻を引っ掻いた影響で、少し尻出が残っています。
1ヶ月くらい生きてたのですが、先週☆になりました。残念!?(涙)
ノギスの数値は91.6mmになってますが、これは死後に脱力して関節が緩んでいるためです。
生きてるときの実寸は90.6mmくらいでした。
飼育数が多かった(42頭)のもありますが、このラインはいちばん当たった印象で、完品の85mmUPが結構出ています。
上翅が強いラインで、きっちり翅が閉じてくれるお利口さんが多かったのですが、如何せん還元率が悪かった。。。
顎の短い虫が多かったので、その辺にプラスアルファがあれば、あと1mmくらいアベレージが上がってたかもしれません。
ちなみにこの虫は42g台からの羽化でした。
愚痴はこの辺にして、完品個体にいきましょうw



88.3mm(871×532ライン)

先ほどの☆個体の兄弟オスです。
こちらはこのラインではまだ顎がマシな(長い)方でしょうか。。。
大型を狙うにあたり上翅の強さは強力な武器となるので、その特徴を最大限に活かせるようなメスをペアにしたいと思います。
このラインは固まっていないので、まだ数頭大きいのが残っています。



次、コレで今日は最後です。


89.6mm(龍877×534ライン)


ノギスは先週同様200枚くらい写真撮って、使えそうなのを2枚選びましたw
この虫は動き回るので、かなり写真が撮りづらかったですww
で、先週書いた『もっとカッコいい虫』ってのがコイツのことで、龍さんから幼虫で里子していただき、我が家で羽化させた個体です。
個人的な所感になりますが、今年羽化した中ではNO.1評価している虫です。
先ほどのライン(871×532)とは逆で、こちらは36.8gと軽い体重からの羽化でした。
顎が長く頭幅もそこそこ有るので、とにかく見栄えがする個体です。
ノギス画像だとイマイチ特徴が伝わりにくいので、先週の88.5mm同様また写真撮ってみましたww







ベタベタ貼ってさーせん(笑)
では、今日はこの辺で。
またお盆辺りに更新させていただきますww

固まった個体から計測を始めてます。
今年は6月末~7月上旬を羽化のピークに設定していましたが、仕上げの菌糸がカンタケということで加温を少し加減したためか、2週間ほど羽化ピークが遅れました。
早い虫は予定通り6月末頃には羽化していましたが、大半が今月中旬羽化、遅い個体はまだ蛹をしておりますww


そういえば先週久留米ブリーダーさんの羽化報告を拝見してビックリしました。
お付き合いのない方ですが、まさか今年久留米から90mmUPが出るとは思ってもみなかったからです。
失礼な話ですが、久留米の90mmUPは次世代以降で、今年は89mm台がどこかで出るくらいかな、、、と思っていました。
川西も今年shimaさんが89mmUPを出されているので、能勢・久留米・川西の『3大産地』の復活が近いのかもしれません。
能勢の一方、YGは昨年の残念な出来事で人気に陰りが出てますが、微力ながら大きいのをたくさん羽化させて、またYG人気を再燃できたらな、、、と強く思う次第です。


と、前置きが長くなりましたが2017年ブリード羽化個体のご紹介ですww
まだ殆どの虫が固まり待ちなので、今回は2頭だけです。
先ずはこちら



能勢YG血統 ♂88.5mm(860×535ライン)

今時88.5mmではインパクト無いかもしれませんが、来年種親で使う虫なので画像UPさせていただきました。
頭幅31.2mmで、所謂逆三角形のスゲーかっこいい虫です。
せっかくなので全身写真も。

写真がヘタなので虫の良さがイマイチ伝わってないかもですが、実物はもっとカッコいい虫です(笑)
別ラインでもっとカッコいいのが出てるので、そちらは次にでもww



で、今日はコレが最後です。



能勢YG血統 ♂90.1mm(883×554ライン)

200枚くらい写真撮った中から、使えそうな(マシな)画像を3枚貼り付けてみましたw
どうでしょうかね??
しかし一人撮影だと、なかなかMAXで撮るのは難しいですねー。
背中を真っすぐにピンと張ればもう少しサイズが出ますが、触りすぎて虫に負担を掛けられないので、この辺にしておきました。


もう1頭6月中旬羽化で別ラインから90mmUPが出ていたのですが、羽化して1週間くらいのまだ赤みが残ってるときにお尻を引っ掻いて(体液が流れ出て)、そのまま尻出になっちまいましたw
個体差はありますが、大きくなるとお尻引っ込むのに時間が掛かるので、どうしてもこういった事故が起こってしまいます・・(涙)
さすがにショックが大きかったので、尻の件は今後のことも考えて対策を考えました。
次以降同じ事故が起きないよう、やれることをやっていけたらと思います。


数は少ないですが他にも大きな虫が羽化してきてるので、キッチリと固まったら画像撮ってこちらにUPさせていただきます。





とりあえずワールドカップの1試合目見終えてからキーボード打ってますw
皆様は寝不足になっていませんでしょうかw
次は27時~なので、明日の割り出しも睡魔との戦いを強いられそうですww

日本代表は残念ながら決勝トーナメント1回戦で敗れてしまいましたが、素晴らしい戦いを見せてくれました。
得点をあげた大迫選手、本田選手等がマスコミで多く取り上げられましたが、自分はコロンビア戦で相手選手と闘志剥き出しで相対する長友選手を見てめちゃくちゃシビレました。
『長友カッコええやん、、』 てな感じだったでしょうかww
年齢的に次のワールドカップに出場できるかは微妙なところかもしれませんが、怪我なくプレー続けて、次大会も中心選手として出場してほしいものです。


と、いきなり違う話題から入ってしまいましたが、表題の通り幼虫採りも佳境が近づいてきました。
多産するメス、1桁しか産まないメス、、、色々居ますが、特に期待していたオスからはある程度纏まった数の幼虫を確保できたので、まだ幼虫採り終わってませんが、そういった点ではとても満足しています。
欲を言えば89.8mmにあと1メス付けとけばよかったかな(笑)


ペアリングについては昨年の反省を活かし、以前の方法に戻したのですが、種無しの疑いのあるオスを除けば、8割ほどのラインから幼虫が採れました。
ペアリングに限ったことではありませんが、相手は生き物なので、自分の環境に合った方法を選択するのがやはり正解のようです。
それでも成功率は100%ではないので、来年以降さらに成功率を上げる方法を模索し、悪い部分を改善していけたらと思っています。


ついでに羽化のことにも触れておきますが、我が家は予定よりも少し遅れ気味で、オスの羽化ピークは今週末辺りになりそうです。
メスはポツポツ羽化してるのが見えてまして、初令を投入した瓶を並べるスペースが無くなってきたので、少しだけですが掘り出しして瓶を移動させました。
20本ほど掘りましたが、☆×1、翅開き×1以外は完品でした。
小さいのを掘ったので、サイズは52~57mmと化け物クラスは出てきませんでしたが、メスといえどもやはり羽化した虫掘るとテンション上がりますねww
で、これも羽化してるだろう、、、と思って掘った瓶からハンパねー蛹が出てきましたw



幼虫時23g台だった個体ですが、手のひらに置いて観察すると、エグイくらいデカかったですw
完品羽化すれば61mm~は確定でしょうかw
まぁ、メスはほどほどでいいので、完品のデカいオスが出てくれればいいんですが・・・。


他では劣化した瓶で蛹室作った個体を移動させるために、初めてオアシスで蛹室作ってみましたw
ドロンパくん?が販売停止になったということを、つい最近知ったためですw
じゃないと、こんな面倒臭いことはしません(笑)
アペックスの時ほどではありませんが、ああいう便利グッズがなくなると何かと大変です。。


最初は結構苦戦しましたが、慣れると1個3分も掛からず作れるようになりましたw
苦労?が報われるよう、1頭でも多く完品羽化してもらいたいものですww









今年は休みが9日間あったのでGWに記事書く予定でしたが、家の事で色々忙しく時間が取れませんでしたw
ようやく落ち着いてきたのと、今日は会社休んでパ〇〇コ行って結構まったりできたので、今のうちに記事書いておきますw


で、本題ですが、GW明けから表題の通り産卵セットを順次開始しております。
現状20強組んで、残り10ほども今月中に全てセットします。
まだ卵等は確認しておりませんが、898は団長のメスから幼虫が採れたと連絡があり、無事種有りを確認出来ました


898は我が家のエース個体なので、ホッと一安心ですw
もう一方のエース891からはまだ幼虫を確認出来てませんが、相手メスは良い感じで材を齧ってるので、多分大丈夫でしょう
昨年はショボい産卵だったので、今年は採れ過ぎて嬉しい悲鳴上げたいところですw


その他では、、、証明書等の画像は割愛しますが、yasukongさん881、shimaさん890にも種付けをしていただきました。
現状881は2週間、890は1週間のセットですが、どちらも見た感じは産んでそうな雰囲気です
yasukongさんの881は昨年お譲りいただいた872の兄弟ですが、高還元率で面白そうな虫なので、無理言ってお願いしました。
shimaさんの890は最大体重が糞出し35gと、こちらも軽い体重から羽化した虫ということで、『無難に体重の載りそうなメスを選べばいいと思う』と言われてメスを選びました。
結構良い虫だと褒めていただいたので、今年もガッツリ幼虫採るつもりです




産卵についてはこんなところでしょうかw
ガッツリ幼虫採って、良い流れで羽化に向かえればいいんですが(笑)



(追伸)
実家のパソコン(アドレスnfⅿ・・・・・・・・・)が故障して、パソコンが立ち上がらなくなくなってしまいました。
6月10日に新しいパソコンが届くので、こちらのアドレスで幼虫のやりとりをしていた方々におかれましては、10日もしくは11日に改めてご連絡をさせていただきます。
急ぎのご用件がある場合は、ブログのゲストブックもしくはコメント欄からその旨お伝えください。
ご迷惑掛けますが、ご理解いただけましたら幸いです。
※6月10、11日に第一弾の割り出しを行います。

私用の連絡にこの場をお借りし、大変申し訳ございません。
2018年度の幼虫リストをご希望の皆様方へ


人事異動に絡む引継ぎ業務に従事しているため、今週末まで帰宅時間が遅くなります。
ご連絡いただいてる方々には24日の夜から順次リストの方送付させていただきますので、申し訳ございませんが、もうしばらくお待ちください。